ホームスポンサー広告 ≫ 肉体を持ったあいちゃんとサヨナラホームミニシュナ ≫ 肉体を持ったあいちゃんとサヨナラ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉体を持ったあいちゃんとサヨナラ


夜中0時30分に逝ってしまったあいちゃん。

その後は、どんどん冷たくなっていくあいちゃんの体をさすりながら

一緒に寝ました。

触っても動かない、

反応しない・・・

亡くなった姿をずっと見ているのがつらくて

ルーシィの時にお世話になった葬儀屋さんが

24時間対応だったのですぐに電話して・・。

翌日の葬儀をお願いしました。


ルーシィの時もとても親切で丁寧にセレモニーを行ってくれたところ。

ルーシィの時は大型犬だったので

郊外の横浜青葉でしたが、

あいちゃんは、小型犬なので、池袋でOKとのこと。


ルーシィの時は、ワンズみんなで見送ったのですが

今回は都内で狭いということもあり、

夫と二人で見送ることになりました。


お迎えの車が来て、

冷たくなったあいちゃんを抱いて

焼き場に行くまでに

あいちゃんと過ごした日々が思い出されて

涙が止まりませんでした。


到着すると、

事前にメールで送った写真を遺影として

プリントして下さっていて

祭壇の準備が終わっていました。


バスケットにあいちゃんを横たえて、

周りをお花で飾りました。

180601-ai-saidan.png


足形を撮って

フォトフレームにして頂くことに。


あいちゃんはいつも

手で、

ねえねえ!

って私にしていたので

その足形、残したかったのです。



足にする数珠も用意して下さっていて

ピンクと青があったのですが

夫が

あいちゃんはいつもブルーだったから・・

と青を選んで、足につけました。


180601-ai-ashi.png


あいちゃん、

あいちゃんの肉球の匂い大好き!って

いつもかがせてくれたよね。

もうできないんだね。


涙が止まりません。


大好きだったボーロも一緒に入れて、

用意して下さっていた

エンジェルの羽をかたどったメッセージカードに

二人で

あいちゃんへのメッセージを書いて

一緒に入れました。


夫は

「あいちゃん、楽しかったよ」


私は

「あいちゃん、また会おうね」


夫と知り合って20数年。

夫が泣いたことを見たことがなく

初めて泣いた姿を見たのが

ルーシィが亡くなった時。


そして、その後も

泣く姿は見たことがなかったのですが、

その夫が

あいちゃんをなでながら

また、泣いていました。


「ではそろそろ・・」


いよいよ、本当にお別れ。


あいちゃん

肉体を持ったあいちゃんとは

おわかれだけれど

あいちゃんとはずっと

これからもずっと一緒だよね。


一時間ほどして

小さくなったあいちゃんと対面。


きれいにお骨を整理して下さっていて

ていねいに説明してくださいました。


シニアだったのに

しっかりした骨。


あいちゃんを支えてきた骨。


ルーシィの時と同じく

爪、しっぽ、歯の骨を少しとって

毛といっしょに

メモリアルボトルに入れました。


帰宅して・・・


たった一頭!

ひとりいなくなっただけなのに

家が広く感じます。


あいちゃん、

もういないんだね・・


これからもずっと一緒だけど・・


でも、あいちゃんのことなでたいよ。

あいちゃんの匂いかぎたいよ。


最期に着ていた洋服。

見たくなくて処分して下さいとお願いしたのですが

スタッフの方が

「骨壺にかけて、いる方も多いですよ」

と。


夫も残したいというので

持って帰ってきました。


その洋服と

いつも使っていたハーネスを抱えて

号泣しました。


あいちゃん、

あいちゃん。。。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ


関連記事
Copyright © 車中泊で楽しむ犬連れの旅 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。