ホームスポンサー広告 ≫ ナオミのニッポン麺紀行(LIFE!人生に捧げるコント)をたどるはずが・・・。ホーム東北旅(2015/9) ≫ ナオミのニッポン麺紀行(LIFE!人生に捧げるコント)をたどるはずが・・・。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナオミのニッポン麺紀行(LIFE!人生に捧げるコント)をたどるはずが・・・。


シルバーウィーク東北旅、東北自動車道青森中央インターを降りました。ここで降りたのには訳があります。NHKのLIFE!人生に捧げるコントの中のナオミのニッポン麺紀行で、西田尚美さんが訪れていた中華そば・田むらさんのラーメンを食べるためです。

ところが・・。

これまでの東北旅の記事はこちらです。
東北への旅(2015/9)

オットのおなかでつぶれているミニシュナぴょん(オス推定6歳)
パパのおなかでつぶれてドライブ中ミニシュナぴょん

続きを読む前に、クリックしていただけると、うれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ 


ナオミのニッポン麺紀行


オットの好きなテレビ番組、LIFE!人生に捧げるコントは、NHKで放送されているコントを中心としたバラエティ番組です。お笑いとかコントとか、全く興味のない私なのですが、オットが見ている時に、チラっと見たら、じわっとくる笑いにハマってしまって、たまに一緒に見たりしています。(シリーズ3は9月24日で終了予定です。)

その中で、ナオミのニッポン麺紀行というコーナーが不定期にあります。これは女優の西田尚美さんが、日本各地の麺どころを巡るコーナー。大の麺好きなんだそうですよ。西田さん。

以前から演技の上手な人だなあと感心していた女優さんの一人なのですが、このLIFE!でコントをする西田さんを見て、ますますファンになってしまいました。本当に芸達者な方なんですね~。

この番組ではコーナーの合間に出演者によるスタジトトークも展開されていて、西田さんをはじめとして出演者の方のお人柄が出たりしていて、なかなか楽しい番組です。

読売テレビの長寿番組、遠くへ行きたいに、先日、西田尚美さんが出ていたそうなのですが、その時にツイッターで、

「遠くへ行きたいが麺紀行に見えてしまう」
「西田さん、麺紀行以外の旅番組出るんだ!?」

などというツイートが見られて、笑ってしまいました。それだけ、人気なんですね~。ナオミのニッポン麺紀行。(爆)



鬼にぼしが人気の中華そば田むら


で、ナオミのニッポン麺紀行で、西田さんが青森を訪ねた際に立ち寄った麺どころが、中華そば田むらさん。

JR青森駅から車で10分ほど、我々は東北自動車道、青森中央インターを降りてからやはり20分程度だったと思います。広い道路からいきなり住宅地のようなところに入ったので、本当に道あっている?という感じだったのですが、無事、お店を発見!

こちらです。
青森、中華そば田むら

お店を通り過ぎて、駐車場に向かう際にチラっと見えた扉に貼られた紙・・・。
な、なんと・・・・

14時まで!

と書かれているではありませんか!?
その時の時間、13時59分。あと1分!(爆)でものれん出ているし、もしかして・・?

と思って駐車場へ。でも、駐車場がいっぱい。オットの話ではランドホームも止められるほどの大きい駐車場ということだったのですが、うーん・・・

車がいっぱいじゃなくても、どう見ても、無理そうなんですけどぉ?とりあえず、路駐をして、私が残り、オットにお店を偵察してもらいました。

しばらくして戻って来たのですが、もう既にお店は閉まっていたとのこと。インターネットで調べたら日曜祝日は11時から18時までとなっていたんですけどねぇ・・。シルバーウィークだったからなのか?この日が特別だったのか?

うーん、残念(涙)

こちらの人気メニューは鬼煮干し。濃厚な豚骨と煮干しのダブルなスープがクセになるのだそうです。

いつかまた食べに来られるのでしょうか?



気を取り直して次の目的地へ


かなり悔しかったのですが(笑)、ここにいても仕方がないので、次の目的地に向かいます。車中泊をする場所としても人気の高い道の駅ゆ~さ浅虫を目指しました。

つづく。

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 車中泊で楽しむ犬連れの旅 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。